ICOCA(イコカ) − 電子マネー→オートチャージ

 電子マネー→オートチャージ
ICOCA(イコカ)

JR東日本のSuica(スイカ)、近畿圏の私鉄・地下鉄・バス事業者が加盟するPiTaPa(ピタパ)等と相互利用ができる、カモノハシのイコちゃんキャラクターの交通系電子マネー。

ICOCA(イコカ)は前もってチャージしておくことで、電車・バス・ショッピングなどがカードをかざすだけで乗車・決済ができる電子マネー・サービス。1枚2,000円(デポジット500円含む)で販売されています。

ICOCA(イコカ)の種類は、ICOCA、ICOCA定期券、こどもICOCA、こどもICOCA定期券、SMART ICOCA(スマート・イコカ)、SMART ICOCA定期券の6種類が用意されています。

ICOCA(イコカ)の特徴

<利用エリア>
近畿圏の私鉄・地下鉄・バスのPiTaPaエリア、JR東日本のSuicaエリア、JR東海のTOICAエリア、PASPYエリアとの相互利用に対応。現在もどんどん利用エリアは拡大しています。

<ショッピング> 駅のキヨスク・コンビニや飲食店、飲料自販機などで利用できる他、イオンのお店など街ナカでのお買物、Suica加盟店での利用が可能です。

<利用履歴の確認・印字> インターネットや携帯電話で利用履歴を確認したり、利用履歴を自動券売機や入金機で印刷することもできます。

<紛失時の再発行> 万が一ICOCAを紛失しても、定期券やチャージ分の再発行が可能です。紛失時の再発行には再発行手数料の500円、デポジットの500円、合計1,000円がかかります。

チャージ方法

駅構内の自動券売機、のりこし精算機、入金機。

クイックチャージ

SMART ICOCAであれば、JR西日本の入金機、一部の自動券売機やのりこし精算機で現金を入れなくても簡単にチャージ(入金)ができるクイックチャージに対応しています。SMART ICOCAの発行にはJ-WESTカードの発行が必要です。

オートチャージ

対応していません。

運営会社 西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)
チャージ限度額 20,000円
発行枚数 388万枚(2008年8月末時点)
利用可能店舗数 4万6,510店(2008年8月末時点)
公式サイト http://www.jr-odekake.net/guide/icoca/





電子マネー→オートチャージ > 電子マネーの種類 > ICOCA(イコカ)

Copyright © 2008-2009 電子マネー→オートチャージ All Right Reserved.