Suica(スイカ) − 電子マネー→オートチャージ

 電子マネー→オートチャージ
Suica(スイカ)

キャッチフレーズは「タッチ&ゴー」。ペンギンのキャラクター、夏の風物詩である西瓜(スイカ)を思わせるネーミングで、いま利用者数が急増している電子マネーです。

JR東日本が発行する交通系の電子マネー。電車やバスの乗降時にSuicaをかざすだけで料金の支払いができます。JR東日本だけでなく、JR西日本、私鉄や地下鉄にも対応。定期券としても兼用できます。

その他、駅売店やコンビニ(ファミリーマート)でもSuicaでの支払いが可能。Suicaはプリペイド型として前もって金額をチャージして利用します。

Suicaの種類・特徴

Suicaにも種類がいくつかあり、無記名式の「Suicaカード」、記名式の「My Suica」、定期券の「Suica定期券」の3タイプが用意されています。

個人情報を登録しない無記名式に対して、記名式の「My Suica」では住所、氏名、性別、生年月日等の個人情報を登録します。個人情報を登録することで、紛失時にSuicaの再発行が可能。再発行では、チャージしていた金額まで復活します。

「Suica定期券」も「My Suica」と同様に定期券発行の際に個人情報の登録を行います。そのため、紛失時でも連絡すればチャージしていた金額はもちろん、定期券まで復活します。磁気定期券の頃では考えられないくらい、便利になりましたね。

紛失時の再発行には再発行手数料の500円、デポジットの500円、合計1,000円がかかります。

<利用エリア>
首都圏エリア、新潟エリア、仙台エリア、JR東海TOICAエリア、JR西日本ICOCAエリアで利用できます。現在も利用エリアは拡大中です。

<利用履歴の確認・印字>
自動券売機とカード発売機にて、いままでの利用履歴(利用明細)の確認と印字ができ、また、自動券売機、カード発売機、のりこし精算機では入金(チャージ)残額の確認ができます。

モバイルSuica

カードを持たなくても、携帯電話で利用できるモバイル電子マネー。携帯電話を改札口や、売店の読み取り装置にかざすだけで支払いができます。

モバイルSuicaでは、「Suica定期券」や「オートチャージ」にも対応しているので、カードタイプの便利さをそのままに携帯電話で利用できる仕様がうれしいところ。さらには、新幹線のグリーン券購入や、利用履歴をアプリ上で確認できます。

モバイルSuicaの利用には、無料会員登録を行い、アプリを携帯電話にダウンロードして利用します。

オートチャージ

Suica対応のクレジットカードであれば、残額を気にせず利用できるオートチャージ・サービスが利用できます。詳しくは『Suica対応クレジットカード』をご覧ください。

運営会社 東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)
チャージ限度額 20,000円
発行枚数 2,319万枚(2008年8月末時点)
利用可能店舗数 5万2,650店(2008年8月末時点)
公式サイト http://www.jreast.co.jp/suica/





電子マネー→オートチャージ > 電子マネーの種類 > Suica(スイカ)

Copyright © 2008-2009 電子マネー→オートチャージ All Right Reserved.