メリット・デメリット − 電子マネー→オートチャージ

 電子マネー→オートチャージ
メリット・デメリット

電子マネーのメリット・デメリットは何でしょうか?
これから一つずつ紹介していきます。

電子マネーのメリット

主にnanacoやWAONなどの流通系の電子マネーにはポイントプログラムがあり、電子マネーで支払いするとポイントを貯めることができます。普段どおりの生活をしているだけで、ポイントが貯まり、様々な特典と交換することができます。ポイントプログラムのない交通系の電子マネーでも、クレジットカードと連携することでクレジットカードのポイントプログラムを利用できるので、電車やバスに乗ったり、定期券の購入でもポイントを貯めて特典と交換することができるので、とてもお得です。

現金を持ち歩かなくてもよいということもメリットと言えます。電子マネーにチャージされている状態であれば、小銭や紙幣などの現金は不要。現在では電車やバスはもちろん、駅売店、コンビニ、スーパーなど数多くの店舗が電子マネーに対応しています。ポストペイ型やオートチャージ・サービスを利用していれば、残額を気にする必要もありません。

次にお金の管理がしやすい、ということがあげられます。いつ、どこで、どんな用途にお金を使ったのか?電子マネーの明細をチェックすれば、簡単にチェックできます。明細のチェックはインターネットを使うことで確認ができるので、簡易の家計簿として利用することができるのです。

電子マネーのデメリット

プリペイド型の電子マネーは少額決済向けであるということ。プリペイド型では最大で99,999円(Edyの場合)のお買いもの、お支払いしかできないため、ブランドもの、家電製品等、値段が10万円以上の高額になるものについては電子マネーで支払いをすることができません。

電子マネー対応の店舗が増えてきたとはいえ、未対応のお店はまだまだたくさんあります。都心に住んでいれば利用機会が多いとはいえ、すべてのお店で利用できるわけではありません。それに、nanaco(ナナコ)対応の店舗では、Edy(エディ)が利用できない、なんてこともあります。使いたいときに必ず使えるわけではないのも事実です。

また、カードや携帯電話で気軽に利用できるので、オートチャージ・サービスを利用していたり、ポストペイ型の電子マネーだと、多くのお金を使いすぎてしまう場合があります。これはクレジットカードでもいえることですが、無意識に利用していると自分がお金を使っているという感覚を忘れてしまう危険性があります。気軽に利用できるけれど「お金である」ということを意識して利用することが大切です。





電子マネー→オートチャージ > 電子マネーについて > メリット・デメリット

Copyright © 2008-2009 電子マネー→オートチャージ All Right Reserved.